--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2016/08/25.Thu

8月がもうすぐ終わる

ボストン美術館所蔵
「俺たちの国芳わたしの国貞」
を滑り込みで観てきました。

想像してた以上に楽しめました。

浮世絵の、今でも新しさを感じられる構図や遊び心のある絵柄はもちろん、
緻密さと色の美しさにも魅せられました。

わ~~これ全部手作業だよな~~(汗)
しかも版元(今で言う出版社)のスケジュールは短いと聞いたことがある。
徹夜したのかな~

彫師や摺師の職人技にもため息です。

江戸時代にワープして、私が目指すとしたら、髪の毛一本の細さにもこだわる彫師か。。
いや最後の仕上げの醍醐味も味わえる摺師も魅力的。。

こんな高度な技の職人たちの共同作業なのに、絵師の名前だけが前面に出るのですねー。
裏方、渋いです。


あと展示の仕方も面白かったです。

それぞれの作品の上に貼られたキャッチフレーズも秀逸で笑えました^^

さてさて、オリンピックも終わり、
高校野球も終わり、
でもまだまだ暑い日が続いており。。
白目になって遠くを見つめているような
日々を少々過ごしてしまっているのですが、
そろそろしっかりと焦点を合わせて
制作に取り組もうと思ってます。
これは遊びで使おうと思って
作ってみたナマケモノ9匹です。
いろいろ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。